浮気調査されてるか知る方法。パートナーに探偵をつけられたときの対処法

毎日の生活の中で誰かにつけられているように感じたり、誰にも言っていないことをパートナーが知っていたりと、気のせいかもしれないけど不自然なことがあるときは浮気調査をされている可能性があります。

浮気調査はプロの探偵が行う場合とパートナーが自力で行う場合があるものの、気のせいなのか調査されているのか確認した方が良いでしょう。

浮気調査をされていると感じる時の対処法と、浮気調査されてるか知る方法について詳しく紹介していきます。

最近、なんとなくつけられている気がするという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

「浮気調査されてる…?」と感じたら確認すべきこと

パートナーに浮気を疑われてる?、調べられてる?と思ったときは、身の回りの持ち物や外出した際に周囲を確認することをおすすめします。

尾行や張り込みをされていないか

浮気調査されているかもしれないと思ったときは、取り乱してしまうことや、パートナーに詰め寄りたくなりますが、まずは冷静になって周囲の状況を確認してください。

プロの探偵が調査する場合は尾行や張り込みをすることがよくあります。ただ、プロの仕事だけに全く気付かないこともあるので、静かに様子を見てみましょう。

もしも、尾行されている場合、人通りの少ない路地などで気づけるかもしれません。何気なく周囲を見渡すふりをして良く観察してみてください。

張り込みはなかなか察知することが難しいです。ですが、探偵が車で待機している場合で同じ車を使っているようなら気づくチャンスはゼロではないでしょう。

かばんや車などにGPSが仕掛けられてないか

探偵によっては、GPSを使って行動を把握するケースがあります。GPSは小型のものや、スマホにアプリとして仕込むタイプがあり、毎日手にするスマホでも気づかないことがあります。

小型のGPSなら普段使うバッグやカバンなどを隅々まで探すか、アプリならインストールした覚えのないアプリが入っていないか確認してみましょう。

ここで気を付けたいのが、仮に、小型GPSや知らないアプリが見つかったとしても、すぐに対処せずに気づかないふりをすることです。

浮気調査に気づいたことを察知されれば、パートナーの精神状態によっては言い争いなどに発展する可能性があるからです。

少しの間、気づかないふりをして様子を見ると良いでしょう。

スマホやパソコンが勝手に見られてないか

パートナーが浮気を疑う場合、真っ先にチェックしたいのがスマホです。SNSでのやり取りがビジネスにも発展する昨今では、SNSを使った浮気が増えているからでしょう。

スマホでチェックするのはLINEなどのSNS、通話履歴、電話帳などの連絡先登録部分で、勝手に見られたとしても証拠が残りにくいのが特徴です。

パソコンの場合はメールのチェックがメインとなりますが、LINEなどのSNSはパソコンとスマホで連動させることができるので、パソコンでも使えるように連動している場合はチェックされている可能性があるでしょう。

勝手に見られているような気がする場合は、スマホ、パソコンのどちらでもロックをかけることが有効です。

できれば、英数字を混ぜたパスワードを設定すれば勝手に見られることはなくなるでしょう。

(関連記事:浮気調査の監視アプリの見つけ方。仕掛けられたと思ったら確認すべきこと

預金やクレジットカードの明細を確認する

浮気調査の費用は安くても1時間あたり10,000円前後かかるものです。仮にパートナーが浮気調査をしている場合は、クレジットカードの利用明細や金融機関の口座に支払った痕跡が残っているはずなのでチェックしてみてください。

クレジットカードなら利用明細、口座なら見知らぬ会社名への振込などです。浮気調査を1日4時間、5日間行った場合、時給10,000円として考えると20万円になります。

こうした大きな金額の取引がないか確認してみましょう。また、探偵によっては報酬後払いや成功報酬のみといったところもあり、大きなお金の動きがないケースもあるのであくまでも参考程度にしておきましょう。

パートナーに相談してみる(探りを入れる)

最終的な手段ともいえますが、浮気調査をされているような気がしてならないときは、パートナー本人に探りを入れるべく相談する方法もあります。

ダイレクトに自分の浮気を疑っているか聞くのではなく、最近、気のせいかもしれないけど誰かにつけられているような気がする、などのようにあくまでもさりげなく相談する方法です。

このごろ、街を歩いていると視線を感じて怖いから、警察に相談しようかと思っている、などのような文言でも自然な流れで良いでしょう。

パートナーの様子に変化がないときや、一緒に心配してくれるようなら浮気調査をしてない可能性がありますが、やたら動揺するなど不自然な雰囲気になったときは浮気調査をしている可能性があるでしょう。

仮に、浮気調査をしている可能性が高いとわかっても、その場で問い詰めることは避ける方が無難です。

パートナーに相談をしている、警察への相談を考えていると伝えた時点で十分にプレッシャーを与えることができるので、その後の様子を見る方が良いでしょう。

浮気調査されていたときの対処法

万が一、探偵の浮気調査をされていたと発覚した場合には、パートナーとの離婚や別れを覚悟しなければならないかもしれません。

浮気しない(相手と会わない、連絡しない)

本当は浮気をしている場合、浮気相手としばらく会わないか、関係を終わらせることをおすすめします。

このまま関係を続けても浮気していることがバレてしまえば、慰謝料を請求されたり離婚の際にも不利になったりします。

夫婦関係が破綻しているから大丈夫などと簡単に考えずに、その状況に合わせて冷静な対応を取りましょう。

パートナーと話し合う

実際に浮気をしていないのにパートナーが浮気調査をしている場合は、正直かつ素直にパートナーに気持ちを伝えることが大切です。

本当に浮気をしていないことや、潔白だけど疑われるような行動をして悪かったといった意味合いの話合いをすると良いでしょう。

それでも浮気の疑いが解決しないときは、お互いの行動を確認できるGPSアプリをスマホに導入するなど、パートナーが納得できる選択をするのも1つの方法です。

離婚や慰謝料請求されるのを覚悟する

浮気をしている状態で浮気調査をされた場合は、探偵やパートナー側がある程度の証拠を掴んでいる可能性があります。

浮気の事実がバレたときは、どんな内容でも言い訳できない状態になるため、離婚や慰謝料を請求されることを覚悟しなければなりません。

また、浮気の証拠を探偵やパートナーが持っているときは、素直に浮気を認めることをおすすめします。

慰謝料請求や離婚について裁判に発展したときも、浮気を認めて反省を示す方が慰謝料の減額にもつながるからです。

まとめ

今回は、浮気調査をされていると感じる場合の確認方法と対処法を紹介しました。

パートナーから浮気調査をされていると感じるときは、浮気の有無にかかわらず慎重に状況を確認することが重要です。

プロの探偵が調査している場合はなかなか足を掴むことは難しくても、ダイレクトにパートナーに詰め寄るようなことは避ける方が無難でしょう。

いくつかの浮気調査の確認方法を試してみて、浮気調査されていると判断できるときは、なるべく早めかつ慎重に対策を取り、言い争いや裁判などに発展させない工夫が必要です。

出来るだけパートナーを安心させてあげられるよう、最善の対応を選択してください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる