【実例付き】浮気調査の費用相場は?少しでも安くする方法を徹底解説!

パートナーの浮気を疑うときは自分でパートナーに詰め寄るよりも、探偵社に浮気調査を依頼する方がパートナーと浮気相手を泳がせたまま、浮気の実態と証拠を集めることに役立ちます。

確固たる浮気の証拠があれば、浮気相手との関係を終わらせることや、離婚する際の裁判でも有利に事を進められるでしょう。

ですが、探偵社に浮気調査を依頼したときの費用は高いと良く見聞きします。

100万円以上にもなる高額な費用を請求されたらどうしよう、調査内容によっては追加料金を請求されるのではないか、など心配な部分があるのも事実です。

そこで、浮気調査にかかる相場について調べてみました。費用の内訳と費用を安くする方法もまとめているのでぜひ参考にしてみてください。

目次

浮気調査の費用相場はいくら?証拠集めは高額になる

浮気調査の費用相場はいくらぐらいになるか知っていますか?実は、浮気調査の内容により幅広い相場があり10万円~200万円にもなります。

調査日数や調査員の数、探偵社の料金体系、成功報酬型かパックプランがあるかによっても費用が変動するため、できれば1ヶ所に相談しただけで決めずに複数社に相談して比較検討することをおすすめします。

浮気や不倫の事実だけを調べるなら10~20万円程度、裁判や慰謝料請求に必要な証拠を集めるなら調査期間にもよりますが50万円以上はかかると思っていても良いでしょう。

浮気調査の1時間あたりの平均費用

東京都調査業協会によると、調査員2名の1時間あたりの時給は、2万円~2.5円の料金設定が全体の36%、調査員1人あたり1万円~1.25万円ほどが最も多くなっています(参照)。

次いで調査員2名で1.5万円~2万円というのが全体の28%、調査員1人あたり0.75万円~1万円、安いところでは諸経費別になるものの調査員2名で1万円~1.5万円の設定が全体の24%、1人あたり0.5万円~0.75万円と1人単価1万円を切る探偵社も存在しています。

浮気調査の料金体系は3つ。特徴と違い

浮気調査の料金体系は、主に、時間料金制、パック制、成功報酬制の3つがあり、それぞれの料金体系について、特徴と違いを紹介していきます。

時間制

調査員1人あたりの稼働時間+諸経費で算出する料金体系で、料金体系の中では最もシンプル、明確な内訳となることが特徴です。

費用が明瞭でわかりやすい反面、調査時間や日数が長くなると高額費用になることや、探偵社によっては、基本料金や諸経費、書類作成費などが別途加算されることがあります。

パック制(プラン制)

パック制はプラン制と呼ばれることもあり、調査や機材の料金+調査員の時間あたりの料金+経費+書類作成費などがコミコミで含まれている料金体系です。

時間制と比較するとやや1時間あたりの料金が割安になる傾向があり、調査に時間がかかりそう、どのくらい時間がかかるかわからないとき、少しでも費用を予算内で納めたいと言う場合はパック制がおすすめです。

ただ、想像以上に短時間で調査が終わったときは結果的に高上がりになることがあります。

成功報酬制

成功報酬制は、依頼時に着手金を支払って成果があったときに報酬金を支払う料金体系です。

調査が成功すれば調査費用や料金が発生しないかわりに、調査の成功の定義をはっきりさせておかないとトラブルに発展することがあります。

浮気調査の費用が高い…理由と内訳

浮気調査の費用がなぜ高いと言われるのか、その理由と内訳を確認していきましょう。

人件費

浮気調査で言う人件費は調査員の時給で、東京都調査業協会によると、調査員2名分で1時間あたり2万円~2.5万円、つまり調査員1人あたりの時給が1万円~1.25万円が都内では全体の3分の1を占めています(参照)。

時給で1万円~1.25万円なら5時間の調査を依頼したら5万円~6.25万円、これを1週間依頼すれば35万円~43.75万円にも膨れ上がる計算です。

浮気調査が1日2日で終わればさほどでもありませんが、いつ浮気するかわからない相手に1週間も調査を依頼した場合は人件費だけで30万円を超える可能性もあるのです。

車両費や宿泊費などの諸経費

東京都調査業協会では1日1台あたりの車両費を無料で提供する探偵社は全体の36%、1万円~1.5万円取るところが24%、1.5万円~2万円取るところが16%と発表しています。

車両費を無料にしている業者のうち50%が調査員の時給を2万円~2.5万円と高く設定している傾向があり、車両費が無料だからといってトータル費用を考えると手放しでは喜べない状態になっています。

車両費と人件費のバランスを考えて業者を選ぶ必要があるでしょう。

浮気調査にかかった費用の実例

浮気調査で実際にかかった費用の事例を紹介していきます。

①費用:約10万円、期間:1日

パック制のプランに加えて調査員1名を増員。子連れで再婚の約束をしていた彼氏の不貞を調査依頼。その結果、別の女性と同棲していて、婚約していた事実を確認できたため、彼氏との交際をあきらめた。(参考:あかつき総合調査事務所

②費用:約40万円、期間:1~2週間

夫の浮気を疑って、証拠をつかみ裁判で離婚することを想定して浮気調査を依頼。調査の日は服装なども詳しく調査員に報告し、浮気相手とホテルに入るところを撮影してもらい、十分な証拠をつかむことができた。(参考:Yahoo知恵袋

③費用:約100万円、期間:約10日

一度目は夫の浮気、二度目は彼氏の素行調査をどちらも同じところに依頼。どちらも約100万円、確かな証拠を入試し細かく調査報告書に納めてもらった。親身に話を聞いてもらえたことがとても良かった。(参考:ガールズちゃんねる

浮気調査の費用を少しでも安く抑える方法

料金が高額になりがちな浮気調査の費用は、自分でできることをすることで安く抑えられます。

事前に浮気、不倫の情報を調べ(相手や予定など)、調査日数を絞る

パートナーの浮気を疑っていても、浮気をしている曜日や時間帯などがわからない場合は、調査員がわからない部分から調査するため時間や費用の負担も大きくなってしまいます。

できるだけ浮気調査費用を安く抑えるためには、調査員に浮気するであろう曜日や時間帯、行動パターンや場所などの情報を提供するのが有効です。

調査員が手掛かり元に調査する場合と、何も手がかりがない状態からの浮気調査では、やはり少しでも手がかりがある方が調査時間や日数を絞ることに貢献するでしょう。

1日あたり5時間の調査を依頼する場合で計算すると、調査員1人あたり時給1万円換算で1日5万円、2日で10万円も安く抑えることができますね。

費用がわかりやすく(パック制など)、実績のある探偵社を選ぶ

パック制の浮気調査は、時間制限がないことが特徴です。パック制料金には人件費や諸費用などがすべて含まれているので、費用がわかりやすくて追加費用が無いのがメリットです。

また、パック制での浮気調査に実績がある探偵社を選ぶとより安心です。詳しく話を聞いてくれる、情報収集力に長けた調査員がいる探偵社ならなお良いでしょう。

複数の探偵社に見積もりをとる

浮気調査の費用は言い方が悪いかもしれませんが、内容によってピンからキリまで幅広い料金設定となっています。

また、探偵社によっても基本料金や人件費の高低があり、地域によっても料金差が目立ちます。

そのため、すぐに浮気調査を依頼したいとしても焦らずに、まずは複数の探偵社に相談したり見積りを出してもらったりして、費用の内訳や追加費用の有無なども良く比較検討することがおすすめです。

依頼する前の段階で予定している調査日数での、トータル費用の概算も計算してみると良いでしょう。

浮気調査にかかった費用は相手に請求できるのか

浮気調査の費用は、損害賠償として浮気をした当事者に請求することができます。ただし認められるかどうかはケースバイケースなので絶対の全額請求を約束するものではありません。

近年は調査費用の請求が認められる傾向にあるものの、「不貞があったかどうかが争点となる裁判」など、調査費用の請求が認められるにはいくつかの条件があります。

裁判の争点が「不貞があったかどうかではない」場合、「浮気の当事者が浮気を認めている」場合は請求できないことがあるので注意が必要です。

また、浮気調査費用の請求が認められても全額を返してもらうことは難しく、あくまでも常識的な範囲や相当な範囲内となることが多いです。場合によっては慰謝料に費用分を含める程度が精一杯となることもあります。

また、相手に支払能力がない場合、請求しても支払ってもらうことが難しくなります。

例えば100万円の調査費用だったとしても10万や20万しか取れなかった、そんなケースもあります。請求しないよりはした方がマシ、そういう結果になることも珍しくありません。

まとめ

今回は浮気調査の費用について紹介しました。浮気調査の費用の相場は幅広く、地域や探偵社の方針によっても異なるので、依頼を検討している場合は事前に複数社に見積りを出してもらい、妥当だと思える探偵社を絞り込んでおくようにしましょう。

また、調査員1人あたりの時給は東京では1万円ほど、その他の地域では高くて1万円となることが多いので、調査を依頼する時間や日数をタイトにする工夫もしておきたいものです。

パートナーが浮気をしていると感づいている方は、つい、感情的に問い詰めて真っ向勝負をしたくなりますが、一旦冷静になって浮気の証拠集めから着々と行動していきましょう。

浮気の証拠が少しでもあれば、それを手掛かりに浮気調査の費用も軽減することができますよ。まずは、素知らぬふりをしていつも通りに接しながら、証拠を集めることをおすすめします。

(関連記事:浮気調査におすすめの探偵社!選び方と注意点を徹底解説!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる